費用を安く抑えることが可能

セミオーダー住宅のメリットは、フルオーダー住宅よりも費用を安く抑えられる点にあるでしょう。フルオーダー住宅は自由度が高く、理想通りの家が建てられるというメリットを持っていますが、その分費用が高額になりがちです。家の隅々までこだわりを反映させることができるため、費用がどんどんかさんでいき最終的に予算を超えてしまうことも珍しくないのです。一方、セミオーダー住宅はある程度仕様が決まっており、その中から希望に合うものを選択していく、という形になります。制限はありますが、設備や内装など様々な点について要望を反映させることが可能です。無理をせず予算内で希望に合う家を建てたい、という場合に最適だといえるでしょう。

計画から施工完了までの流れがスムーズ

何もかも自分で自由に決めることができる、という状況になると、色々と迷いが生じやすくなるものです。家を建てるとなると、間取りから内装、設備まで決めなければならないことがたくさん出てきます。セミオーダー住宅の場合、ある程度決まった選択肢の中から選んで決めていく形になりますので、住まいに関する知識を持っていない人でも、スムーズに計画をたてることができるでしょう。またセミオーダー住宅はフルオーダー住宅より、工期が短くなる傾向です。間取りがある程度パターン化されており、規格化されたパーツを使用して建築する形となるため、工期がのびる心配もほとんどありません。予定した日までに入居を済ませたい、という場合も安心です。

分譲地に建てられた住宅のことを分譲住宅といいます。広い土地に分割して複数の家を建て販売されます。すぐに生活が出来るのが良いところです。