セミオーダーだからこその安さ

自宅の建築にかかる費用を安く済ませるために、注文住宅を購入しようか迷っている方々におすすめなのがセミオーダーの物件です。住宅デザインの細部まで指定できるのがフルオーダー住宅で、ある程度の仕様が決まっているのがセミオーダー住宅です。フルオーダー住宅と比べてセミオーダー住宅の自由度は低くなりますが、基本的な仕様が規格化されているので同じ建材を大量に仕入れやすく、建築にかかる費用を抑えられます。建材や設備のグレードを同じものに統一することで、コストダウンを実現しながら断熱性や防音性の向上を目指しているのもセミオーダーの注文住宅の特徴です。費用を減らすために建材を大量に仕入れることにこだわるメーカーは現在では多く、価格が安いからといって機能的に不十分だと感じることもありません。

広告費を減らすことでコストカット

テレビコマーシャルや雑誌の広告などに多くのお金を使っているハウスメーカーは、住宅の費用がどうしても高くなってしまいます。ローコスト住宅は広告費を削減することで、販売価格を抑えているものが多く、価格が安いからといって住宅の機能性が不十分だと感じることはありません。住宅展示場に出展しないことでコストを削減するハウスメーカーも増えており、住宅展示場で物件を見学できないという理由だけで特定の企業を避けてしまうと、お得な物件を見逃してしまいます。ローコスト住宅は安すぎて機能的に不十分ではないか心配になったら、セミオーダーの注文住宅を選ぶことで断熱性などを補強してください。断熱材の種類を指定することで、環境に合わせた機能性を追加できます。

建売住宅とは最初から土地に完成した建物が建っており、セットで販売されている一戸建て分譲住宅のことです。