シンプルさを心掛ける

建物の形は、できるだけ凸凹を少なくしてシンプルなものにしたり、屋根の形を切妻や片流れにしたり。建物のシルエットを極力シンプルにすることで、材料費や工事費を抑えられるようになります。当然、人件費の削減も期待できるでしょう。建物は、できるだけシンプルにすることで予算を抑えられるようになるのです。また、間取りもシンプルなものにして延べ床面積を減らしてしまえば、建築費用もその分安くなります。建築会社の多くは、延べ床面積に坪単価を掛けて建築費用を出しているからです。余分な壁や建具なども省くことができるため、材料費の削減にもつながるでしょう。フルオーダー住宅で予算を抑えたい場合は、シンプルさを心掛けるようにしてください。

外構は必要なものだけを選ぶ

外構には、フェンスやカーポート、門など様々な要素があります。価格も様々なため、選ぶものによっては総額の金額がとても高くなってしまう場合も。できるだけ安く抑える場合は、本当に必要なものだけを選ぶようにしましょう。植栽をする場合も、樹木の種類や大きさによって金額に大きな差が出る場合があるため、注意が必要です。しかしながら、外構はその家のイメージを作る上で重要な要素であることも確かです。お金を掛けるところはお金を掛け、不要なところはできるだけコストダウンするなど、メリハリのあるプランをするようにしましょう。自分たちでできる部分は、住みながら手を加えていくという方法もあります。ただし、防犯面はしっかりと手を抜かないようにしましょう。